衣類の回収について

http://furugidevaccine.etsl.jp/衣類などを不用品回収に出したいと考えておられる方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合、自治体となりますと行っておりません。
かといって片付けることが出来ないわけではないのです。
自治体のルールですと、衣類・布類というものは原則として「資源ごみ」扱いになります。
中でも汚れているものなどは可燃ごみの対象となる場合もありますので、小冊子や広報誌などを確認してみるとよいでしょう。
可燃ごみ・不燃ごみでしたら、回収料金というものはかかりませんから金額的な負担というものも先ずないでしょう。
また、自治体によって変ってきますが「リサイクル」として寄付するために持ち込めるという場合もあるようです。
地域差がありますので、確認をする必要はありますがこのような手段もありますので考えてみると良いでしょう。
では、民間業者の場合はどうなのでしょうか。
業者によっても異なってくるのですが、回収可能なところも多いようです。
中には、衣類専門の回収業者というものもありますから利用してみるのも良いでしょう。
更には、手軽に不用品回収が出来るインターネット取引などと言うスタンスも衣類においてはあるようです。
無料で回収というところもありますし、ブランド品・メーカー品などに関しては買取価格がつく場合も。
少しでもお得になどと考えている方は活用してみても良いかもしれません。
また今では店舗などに持ち込むことで回収してくれるところも増えています。
1品からでも回収してくれますので1人暮らしなどの方にも便利かもしれません。
買取価格がつくものもありますのでこちらにおいても少しお得に利用できるのではないでしょうか。
衣類もまとまってしまうと、資源ごみに出すのが一苦労だなどという事もありますよね。
このような場合に置いては民間業者を利用してみるというのも良い方法かと思います。
不用品を出すにあたり「自治体のみ」「業者のみ」というのではなく、その双方のどちらが良いかとその都度選んでいくのが1番効率的ではないでしょうか。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »